美容効果抜群!「アボカド」の栄養

森のバターとして知られている、「アボカド」。

アボカドは果物とされていますが、様々な料理に幅広く使える食材です。

「食べる美容液」ともいわれているほど、アボカドには、女性にとって嬉しい成分が多く含まれています。

では、アボカドの効能について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

アボカドに含まれる栄養

アボカドには、ビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEは抗酸化作用により、アンチエイジング効果が期待されています。

ビタミンEは「トコフェロール」とも呼ばれており、脂溶性ビタミンのひとつです。 女性にとって、嬉しい美容健康成分がたっぷり含まれ...

また、脂質やたんぱく質の代謝に欠かせないビタミンB群も豊富です。

ビタミンB群は水溶性ビタミンのため、積極的に摂りたいビタミンのひとつです。

ビタミンB群は、エネルギーの代謝に役立つビタミンとされています。 ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パ...

良いアブラとされている、リノレン酸、リノール酸、オレイン酸を豊富に含んでいます。

これらは、悪玉コレステロール下げるはたらきを持っていて、動脈硬化防止などの健康維持にも役立ちます。

他にも、抗酸化物質のひとつであるグルタチオンは、老化防止に役立ちます。

カリウムなどのミネラルが豊富に含まれているため、むくみ対策にもなります。

水溶性の食物繊維も多く含まれています。

5大栄養素+第6の栄養素として考えられている「食物繊維」。 食物繊維は小腸を通って大腸まで達するため、消化されない食品成分とな...

アボカドの効果的な食べ方

アボカドには嬉しい美容成分が沢山含まれていますが、高カロリーのため、食べ過ぎには注意が必要です。

1日に、半分くらい食べるのが目安です。

アボカドの見分け方として、表面の皮が黒いほど、柔らかくて、熟している証拠です。

緑色をしているものは、まだまだ青く、熟していないため、食べるには硬いです。

アボカドは、カットして空気に触れると、黒ずんできてしまいます。

脂質が空気中の酸化によるもので、レモン汁を振りかけることによって、酸化を防ぎます。

また、保存する際は、種が付いている方を保存しておくと良いです。

アボカドは、ビタミンA、ビタミンCと一緒に摂ることによって、ビタミンの相乗効果が期待できます。

アボカドは、そのままサラダにしても美味しいですし、サンドイッチに入れたり、皮を器にして、グラタンにするとお洒落です。

アボカドをごはんに掛けて、しょうゆやごま油を掛けても美味しいです。

アボカド×マグロの組み合わせも栄養価が優れていて、美味しいです。

コク旨たれ☆まぐろとアボカドのユッケ丼

エビとアボカドのサンドイッチ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする