自分に合ったベストな「血液型ダイエット」方法まとめ

「血液型ダイエット」とも呼ばれているくらい、それぞれの体質で、血液型に適した食事方法や運動方法があるとされています。

血液型だけが全てではありませんが、結構、当てはまる部分もあるので、参考程度にしてみるのは良いかもしれないと思います。

スポンサーリンク

A型の特徴

日本人の中で、約4割と、最も多いとされているのがA型です。

A型は、真面目で神経質な人が多く、ストレスを溜めやすい傾向があります。

タイプとして、農耕民族がルーツなので、穀物が身体に合っています。

野菜や植物性たんぱく質、鶏肉、肉類よりも魚類を積極的に摂る方がお勧めです。

また、腸にガスが溜まりやすい傾向にあるため、食物繊維を意識して摂る必要があります。

「THE和食」といった食事が向いているといえます。

A型にお勧めの痩せやすい食材

ほうれん草、ケール、ブロッコリー、かぼちゃなどの緑黄色野菜、にんにく、玉ねぎ、大豆製品、さんま、さば、いわしなどの青魚、鮭、玄米、そば、ベリー類、パイナップル、グレープフルーツなどが挙げられます。

A型にお勧めできない痩せにくい食材

鶏肉以外の肉類、鰻、貝類、甲殻類、乳製品、卵、唐辛子、キャベツ、バナナ、マンゴー、パパイヤ、ココナッツ、乳製品などが挙げられます。

A型にお勧めの運動方法

身体が硬くなりがちなので、ストレッチなどの柔軟を忘れずに行なうことが大切です。

ヨガ、ゴルフ、ダンス、水泳、早歩きなどを週3~5回心掛けるのが良いです。

ウォーキングやジョギングなど、長期間続けることで効果の出るダイエットにも向いています。

ただし体重を落としたい人は、適度に激しい運動を加えることも必要です。

O型の特徴

世界で最も多く、日本では約3割なのがO型です。

人間の原始の血液型といわれるO型は、狩猟生活の名残をその消化器官、免疫系に残しているため、肉類を分解する酵素がほかの血液型の3倍もあるとも言われています。

胃酸の分泌が盛んで、肉や魚などの動物性たんぱく質の消化が得意です。

たんぱく質を積極的に摂ることによって、代謝が活発になります。

逆に不足すると心身が疲労しやすくなります。

肉類などのおかずの量を積極的に増やす、糖質制限ダイエットには向いているといえると思います。

ただし、野菜やフルーツ、乳製品などばかり食べるのは効果が出にくいかもしれません。

O型にお勧めの痩せやすい食材

牛肉、ラム等の赤身の肉、さんま、サバ、いわしなどの青魚、鮭、まぐろ、玉ねぎ、ほうれん草、オクラ、ブロッコリー、かぼちゃ、プルーンなどが挙げられます。

O型にお勧めできない痩せにくい食材

パン、ケーキ、パスタ、クッキーなどの小麦製品、いんげん豆、乳製品、芋類、なす、キャベツ、とうもろこし、ナッツ類、アボカド、ココナッツ、オレンジ、いちごなどが挙げられます。

O型にお勧めの運動方法

とにかく身体を動かして、ストレス発散することができます。

激しい有酸素運動は、ウエイトコントロール目的でも適しています。

ジョギングなら1日30分を最低週3回、 水泳なら1日30~45分を週3~4回などが理想的なエクササイズとされています。

B型の特徴

日本では約2割、アメリカやヨーロッパに少なく、中央アジアに多いのがB型です。

好き嫌いがハッキリしていて、凝り性でもあるため、同じものばかり食べる偏食には注意が必要です。

濃い味付けが好きなので、血圧系の病気などにも気を付ける必要があります。

全血液型の中で、最も消化能力が高いとされていて、消化酵素の分泌が活発で高い免疫力を持っているため、最も幅広い食品を取り入れることができます。

唯一、乳製品も積極的に摂ってOKです。

B型にお勧めの痩せやすい食材

牛肉、ラム等などの赤身の肉、レバー、さんま、さば、いわしなどの青魚、鮭、卵、ケール、ほうれん草などの緑の葉野菜、乳製品、バナナ、緑茶などが挙げられます。

B型にお勧めできない痩せにくい食材

鶏肉、小麦製品、レンズ豆、そば、ごま、アボカド、ココナッツ、柿、とうもろこし、ナッツ類などが挙げられます。

B型にお勧めの運動方法

B型には新しい環境にすぐ対応出来るという利点がある反面、環境そのものが ストレスの原因となる場合もあります。

テニス、エアロビクス、ゴルフ、ヨガ、ジョギング等を上手く組み合わせて行うのが一番かもしれません。

また、ハイキングやサイクリング等、環境の良いところに移動して、ストレス解消と身体のためにスポーツを行なうことも適しています。

最適なプログラムは週に2~3回、比較的激しいトレーニングをして、週に2回程度のリラックスしたトレーニングを組み合わせて行うことがベストだとされています。

AB型の特徴

日本では9%、世界では5%ほどのAB型は、A型とB型、両方の側面を合わせ持っています。

魚や豆腐など大豆製品、低脂肪であれば乳製品もOKで、全体的にバランスよく食材を摂ると良いです。

基本的に、A型とB型を合わせた食事、運動方法ですが、冷えやすい体質にあるため、体を温めることがダイエット成功の秘訣とも言えます。

AB型にお勧めの痩せやすい食材

大豆製品、さんま、さば、いわしなどの青魚、ほうれん草、ブロッコリー、さつまいも、ぶどう、レモン、グレープフルーツ、キウイ、低脂肪の乳製品などが挙げられます。

AB型にお勧めできない痩せにくい食材

鶏肉、加工肉、鰻、そば、ごま、インゲン豆、アボカド、バナナ、オレンジ、マンゴーなどが挙げられます。

AB型にお勧めの運動方法

心身を落ち着かせるのがAB型の対処法になります。

特に、ヨガや太極拳などで落ち着きを取り戻すことが重要です。

フラダンスなども有効的です。

是非、自分の体質に合ったダイエット法を見つけて、健康的に痩せていきたい限りです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする