「ブロッコリー」の栄養・効能。ビタミン豊富でダイエットにも最適

サラダに入れたり、スープやグラタン、シチューなどに入れたり、お弁当の彩りにも役立つ、緑黄色野菜の一種である「ブロッコリー」。

寒くなるにつれて甘みが増す野菜で、旬は、晩秋~春先に掛けてです。

スポンサーリンク

ブロッコリーに含まれる栄養

ブロッコリーには、ビタミンCが豊富に含まれており、効率よく摂取することができます。

妊娠中の女性にとって、嬉しい葉酸も多く含まれています。

他にも、ビタミンAに変わるβ-カロテン、ビタミンE骨を丈夫に保つビタミンK、カリウム、ビタミンB2、ビタミンB6、パントテン酸、貧血予防に役立つモリブデンも豊富に含まれています。

ビタミンやミネラルをバランスよく含んでおり、食物繊維も含まれています。

免疫力アップ、美肌効果、むくみ解消、便秘の改善効果が期待できるため、ダイエット中にも積極的に摂りたい緑黄色野菜のひとつです。

ブロッコリーのベストな食べ方

ブロッコリーは、基本的に茹でて調理しますが、栄養分が損なわれやすいため、短時間(2~3分程度)で茹でます。

茹でたあとは水にさらすと水っぽくなってしまい、栄養分も抜けてしまうため、水にさらさない方が良いです。

ベストな方法は、蒸したり、電子レンジによる加熱調理です。

ブロッコリーをサラダで食べる際は、ノンオイルのドレッシングではなく、油脂を含んだドレッシングやマヨネーズで食べることによって、油脂性ビタミンであるβ-カロテンを効率よく吸収することができます。

シンプルに、塩・オリーブオイル・にんにく・アンチョビなどと絡めても美味しいので、おつまみにも最適だと思います。

新鮮なブロッコリーの選び方

全体的に、濃い緑色のもの、硬さのあるものが良いです。

中央の部分が盛り上がっているもの、茎の部分に穴が空いていないものを選ぶと良いです。

色が黄色くなっているものは避けた方が良いですが、紫がかったものは、甘みが増しているサインになります。

大ぶりなものほど熟度が高くて、甘みが強い傾向にあります。

茎まで食べられるブロッコリー

捨ててしまいがちなブロッコリーの茎や葉の部分にも、同様の栄養価や食物繊維が含まれています。

ぜひ、最後まで活用してみてください。節約にもつながります。

スープの材料にしたり、チャーハンの具材として活躍します。

必要な時に使用できるように、細かく切って、冷凍保存しておいてもOKです。

品種改良の進むブロッコリー

ブロッコリーは元々、キャベツを改良したもので、さらにブロッコリーを改良したものが「カリフラワー」にあたります。

近年、オレンジやムラサキといった、カラフルなカリフラワーも市場に出回っており、奇抜な形をしている「ロマネスコ」も、カリフラワーの一種にあたります。

変わった形をしていますが、食卓を彩る野菜になります。

▽ クックパッドで「ブロッコリー」のレシピを検索する

https://cookpad.com/search/ブロッコリー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする