チキン部位別「鶏肉」の栄養、基礎知識

鶏肉のたんぱく質には、からだにとって欠かせない存在である、必須アミノ酸がバランスが良く含まれています。

スタミナアップ、筋肉強化にもつながりますし、手軽にたんぱく質を摂ることができる食材です。

鶏肉にはビタミンAやビタミンB群をはじめ、様々なビタミン類も豊富に含まれています。

免疫力をアップさせたり、疲労回復、粘膜や消化器系の保護にも役立ちます。

動物性たんぱく質は、効率よく栄養を摂取することができます。

食べ方によっては、ダイエットに役立てることもできます。

普段の食卓にも取り入れやすい鶏肉の栄養や各部位について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ささみ

ダイエット中にもお勧めで、低カロリー、高たんぱくで知られている部位です。

さっぱりした食感が特徴です。

酒を振りかけて、電子レンジで加熱し、冷めたらほぐして、サラダに入れると美味しいです。

鶏のささみは、大葉とチーズを巻いて、フライにしても美味しいです。

もも肉

鶏肉といえば、もも肉が定番の部位です。

ジューシーでコクがあり、からあげをはじめとする、基本的な鶏肉料理に使われていることも多いです。

セレンというミネラルが多く含まれていて、細胞の老化予防、動脈硬化を防ぐはたらきがあります。

たんぱく質、鉄分、ビタミンB2などが豊富で、新陳代謝を高め、皮膚に潤いを与えてくれます。

むね肉

むね肉の部位も、皮を取り除けば、低カロリーで高たんぱくです。

パサパサしがちという問題点さえクリアすれば、美味しく食べられます。

スーパーで安く売っていることも多く、上手く活用することができれば、家計も助かります。

安価で手に入り、比較的たんぱく質も多く、もも肉と比べて油分が非常に少ないため、ヘルシーに食べることができる、鶏むね肉。 パサパ...

手羽先

手羽先には、皮膚の潤いを保つコラーゲンやエラスチンといった成分が豊富に含まれています。

手羽先と言えば、煮たり焼いたりするのが定番ですが、コラーゲンが丸ごと摂れるスープもお勧めです。

玉ねぎやキャベツなど、様々な野菜と、コンソメ等を入れて煮込むだけで、簡単に作ることができます。

手羽元

むね肉に近い部位のため、柔らかく、脂肪分も少ないです。

コクのある味わいが特徴で、ダシが出るので、煮込み料理などに合います。

個人的に、お酢、しょうゆ、ゆで卵と一緒に煮込むと美味しいです。

レバー

肝臓の部分のことを指します。

鉄分、銅などのミネラル、ビタミンA(うなぎの約4倍)、ビタミンB2などが豊富で、カロリーも低く、栄養の宝庫とされています。

ちなみに、ハツ(心臓)の部分は、ビタミンB12や葉酸が豊富で、ヘモグロビンを正常にしてくれるはたらきがあるため、貧血予防が期待できます。

レバーが苦手な人は、ハツで栄養補給すると良いと思います。

砂肝

コリコリした食感が特徴的な砂肝は、鶏特有の部位で、消化器官のような筋胃のことを指します。

ビタミンB12、ビタミンK、亜鉛、たんぱく質などが多く含まれています。

食べ過ぎは注意が必要ですが、低脂質、低カロリーであるため、ダイエット中でも食べられる肉とされています。

亜鉛や鉄分は、ビタミンCと一緒に摂ることで、吸収率がアップします。

なんこつ


コリコリした食感で、コラーゲンが豊富です。

胸軟骨の「やげん」と呼ばれる部位や、膝軟骨の「げんこつ」と呼ばれる部位などのことを指します。

低カロリー、低糖質で知られています。

コレステロールを下げる効果もあるナイアシンも含んでいますが、油分の多い唐揚げなどの食べ過ぎには注意が必要です。

せせり

首まわりの「小肉」「そろばん」とも呼ばれる部位のことです。

よく動く場所で、身が締まっていて、歯ごたえがよく、脂身も多いのが特徴です。

コラーゲンが豊富ですが、約半分は脂質です。

最も高カロリーな部位のため、食べ過ぎには注意が必要です。

まとめ

鶏肉は比較的、安価で手に入れることができます。

ダイエット中は、皮の部分を取り除けば、脂肪分も気になりません。

居酒屋へ食事に行った際も、焼き鳥メニューは良いたんぱく質源になります。

特に、タレよりも塩を選ぶようにすると良いです。

たんぱく質源は、鶏肉のみに頼るのではなく、バランス良く食べるようにすると良いです。

たんぱく質のひとつである「豚肉」。 肉類は、効率良くたんぱく質を摂れる食材でもあります。 そんな豚肉の効能について見ていきたいと...
たんぱく質源である「牛肉」。 ダイエット中は、肉よりも野菜を摂った方がなんとなく良さそう。 でも、肉類は痩せるための食事...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする