健康になりたいなら「大豆製品」を積極的に摂ると良い理由

なにかと身体に良いとされている、大豆食品。

大豆は植物性たんぱく質で、畑の肉とも言われています。

美容と健康にも良いため、ダイエット食としても注目されることが多いです。

そんな大豆食品の栄養や効能について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

大豆に含まれる栄養

大豆の約30%はたんぱく質で、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

他にも、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンB1、葉酸、ビタミンEなどがバランスよく含まれています。

大豆の代表的な栄養成分として、「大豆レシチン」には、コレステロールの低下、老廃物を排出させるはたらきがあります。

「オリゴ糖」には、大豆に含まれているオリゴ糖は消化酵素に強いため、大腸までしっかりと届き、ビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれます。

「大豆サポニン」には、抗酸化作用、コレステロールなど血中脂質の低下に役立ちます

「イソフラボン」は、女性ホルモンの分泌を促す食品がとして知られています。

骨粗しょう症の予防、更年期の改善、つらいPMS(月経前症候群)の改善にも役立ちます。

大豆イソフラボンに含まれている「ダイゼイン」という成分は、体内で「エクオール」に変わると、女性ホルモンと同じはたらきをしてくれます。

サプリメントとしても出回っています。

食べると良い大豆製品

大豆製品は、豆腐、味噌、納豆、豆乳、煮豆、きな粉などがあります。

イソフラボンの吸収力をアップするために、ヨーグルトなどの発酵食品や、食物繊維の多いものを食べて腸内環境を整えることも大切です。

おからもスーパーで100円前後で売られています。

そのまま炒めて卯の花にしたり、ハンバーグに使用したりできます。

納豆は発酵することによって、特に、ビタミンK、葉酸、カリウム、大豆レシチンなどの栄養がかなりアップします。

納豆が健康に良い食品なのは間違いなさそうです。

スーパーやコンビニなど、買ってすぐそのまま食べられるので、日々の食事にとり入れたい食材のひとつです。

納豆が健康に良いということは広く知られていると思いますが、私は、あの納豆特有のネバネバ、ニオイ、味の全てが好きになれずに、これまで、...

また、高野豆腐には、豆腐を濃縮させて作られているため、栄養価は非常に高いです。

カルシウム、鉄分も多く含まれているため、女性にとっても嬉しい成分が沢山含まれています。

電子レンジでチンするだけで簡単に出来るものもスーパーなどで売られていますし、乾燥させているので、保存がきくのも嬉しいです。

まとめ

大豆製品はカロリーも低く、美容・健康効果が高いため、ダイエットにもぴったりです。

糖質オフにもつながり、大豆製品が身体に良いのは間違いないです。

ヘルシーで安価で手に入れやすいため、健康や節約のためにも、積極的に使うと良いと言えそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする