「ファスティング(断食)ダイエット」やり方と効果

ダイエット方法のひとつに「ファスティングダイエット」というのが存在します。

ファスティングとは「断食」という意味です。

ただ、全く何も口にしない絶食ではなく、1日~3日程度、水や酵素ドリンクを飲んで過ごすことです。

「プチ断食」とも呼ばれており、週末などを利用して行なう人も多いです。

酵素ドリンクとは、断食中の栄養を補うために、体内の酵素を増やすための材料である野菜エキスや酵母菌が入ったドリンクのことです。

食べるのが大好きな私からすると、断食なんて絶対に無理!と思っていましたが、調べてみて分かったこともあるので、参考までにファスティングダイエットのやり方や効果についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ファスティングのやり方

ファスティングは、取り組んでいる期間内だけではなく、その前後の数週間が非常に大切になってきます。

●準備期間

取り組む前の約1週間前、最低でも3日前までは準備期間として、なるべく消化の良い食べ物を意識して摂るようにして、胃の動きを抑えていく必要があります。

決して好きなものを食べて良い訳ではなく、暴飲暴食は控える必要があります。

●ファスティング実施期間

固形物は摂らず、水または3時間おきごとくらいに酵素ドリンクを希釈して飲んでいきます。

酵素ドリンクは、水割りは勿論、ソーダ割り、豆乳割りなどが試せます。

選ぶ種類によっては、不思議をお腹が減らない酵素ドリンクもあります。

まったくなにも食べない状態なのは健康面から考えても心配ですが、ファスティングは、酵素ドリンクを取り入れているので、固形物の消化で身体に負担を掛けることなく、栄養素を補っています。

●回復食期間

最も重要なのは、ファスティング後の回復食です。

飢餓状態から栄養を取り込もうとするため、ここで気を抜くといつも以上に太りやすくなってしまうだけでなく、急な変化で胃や腸にも負担をかけてしまいます。

反動で、食べ過ぎてしまわないようにすることが最も重要です。

終了後は、重湯、おかゆ、フレッシュジュースなどを摂り入れていきます。

他にも、みそ汁、野菜類、海藻類、きのこ類、豆腐、納豆など、約1週間ほど掛けて、段々、元の食事に戻していきます。

準備期間と同じく、栄養豊富で消化の良い食べ物を摂取して、胃や腸を慣らしていく必要があります。

ファスティングダイエットは、終わったあとの復食期間が最も大事だと言っても過言ではないです。

ファスティングによるデトックス効果

特に、食べることがやめられない人にとって、食べ物を消化、吸収する際に、肝臓、すい臓、腎臓、胃、小腸、大腸などの内臓は常に動いていることになります。

ファスティングは、ダイエット効果だけでなく、食事を減らすことによって、体内の消化活動を減らし、腸内環境を整えるためのデトックス効果や、免疫力の向上にも役立ちます。

意識的にファスティングを行なうことによって、体内を1度、リセットするという役割もあります。

ファスティングで酵素を取り入れることによって、体内が清掃されると、栄養を適切に吸収されるようになったり、健康体となって、排泄もスムーズにいくようになります。

日常生活で溜まった老廃物を取り除き、痩せやすい身体を実現することができます。

得られる効果

食べていないので、当たり前かもしれませんが、確実に体重は減ります。

なにより、日頃の食生活の中で、つい食べ過ぎてしまうと、身体が重いと感じてしまうことがあります。

ファスティング中は空腹感がない訳ではありませんが、身体がスッキリしているという感覚が強いです。

胃が小さくなる傾向にあるので、結果的に食事量を減らすことができます。

コールドプレスジュースなどで過ごす方法も、野菜に含まれている必要な酵素が失われていないので有効的です。

酵素は身体に良いので、積極的に摂り入れたい栄養成分ではあります。

「酵素」が健康にとって良いということを聞くことはありますが、なぜ、酵素がそんなに注目されているのでしょうか? 酵素とは、果たし...

お勧めの酵素ドリンク

酵素ドリンクは沢山種類があって、どれが良いか迷うのですが、比較しているうちに、やはり無添加のものが良いと、すべて国内産を使用しているという面で安心感があるのは、「優光泉」です。

味も普通に美味しくて、私はこれを飲んでいると、あまり空腹感を感じられずにいます。

値段的に決して安くはない金額かもしれませんが、他の商品と比べてみても、妥当だということが分かります。

量的には、3日間のファスティングに適しています。

酵素ドリンク「優光泉」
優光泉

ファスティングを行なう期間は、生理後や、仕事中だと頭がまわらない可能性が考えられるため週末などの連休を利用することが適していると思います。

また、集中的に行なわなくても、置き換えダイエットとして1食分として実践してみるのも効果があります。

くれぐれも無理なダイエットは禁物ですが、食べ過ぎた時など、集中的に体重を落としたい時などには最適だと思います。

最後に

わざわざファスティングを行なわなくても、普段からファーストフードなどのジャンクな食事を控えて、健康的な食事を摂るようにしていたり、夜、飲み過ぎない、食べ過ぎないなどの日常生活を心掛けていれば、ファスティングをする必要はないと思います。

なんだか身体が重い、デトックスしたいという時には、いつもより食べる量を減らしたり、必要に応じてファスティングを行なってみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする