ダイエットにも!「白菜」の栄養、おいしい調理の仕方

冬の寒い時期、鍋に欠かせない存在である、白菜。

白菜は、淡色野菜で、非常に低カロリーな野菜です。

そんな白菜の持つ効能について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

白菜に含まれる栄養

白菜は95%が水分とされていますが、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富で、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB群などのビタミン類も多く含んでいます。

突出している栄養素があるというよりは、バランス良く栄養が含まれています

白菜は、漬物など、生の状態で食べることによって、身体に良いとされている酵素が摂取できますが、加熱することによって沢山の量を摂ることができます。

鍋に入れたり、豚肉と一緒に煮ると煮汁ごといただけますし、手軽で美味しいです。

白菜+豚肉に含まれるビタミン類によって、疲労回復、ストレス緩和にも役立ち、ダイエットにも効果的だと言えそうです。

また、生の状態で食べられるキムチは、発酵食品ということもあり、健康にも良いです。

新鮮な白菜の選び方

白菜を丸ごと買う時は、外側の葉は緑色の濃いもの、重みのあるものが良いです。

カットされている場合は、葉の隙間が少なく、実がぎっしりと詰まっているもの、切り口の芯に近い部分が盛り上がっていないものを選ぶと新鮮です。

白菜は丸ごと買っても長期保存が可能です。

新聞紙やラップに包んで、冷蔵庫に立てて保存しておくと良いです。

白菜の有効的な食べ方

白菜は、外葉、内葉、芯と、内側にいくほど、甘いとされています。

白菜の葉は外側から使いがちですが、栄養は外側から内側へ送られているため、時間が経つにつれ、根元が盛り上がってきます。

そのため、先に内側から使うことで、外側の栄養成分を維持することができて、最後まで美味しく食べることができます。

白菜の根元から包丁を入れると、内側が取り出しやすくなります。

一気に使いきれずに傷むのも防ぐことができるため、白菜は内側から使うとお勧めです。

美味しい食べ方

私は白菜が好きなので、鍋に大量に入れます。

また、鍋に白菜と豚肉を一緒に入れて、酒とだししょうゆを適量入れて、火に掛けて放置しておくだけで手軽に1品作れます。

他には、千切りにして、他の野菜と一緒に炒めると、八宝菜にもなります。

鶏ガラスープで味付けをして、豚肉、栄養価の高いとされているきくらげ、緑黄色野菜であるにんじん、うずら卵、ヤングコーン、あれば海老などと炒めるだけで簡単に仕上がるため、お勧めです。

最後に

冬の時期、白菜は風邪予防など、免疫力強化にも効果的です。

また、むくみ防止など、ダイエットにも最適です。

白菜は、時期によっては、かなり高騰していることもありますが、安い時に見つけたら、ぜひ活用して、食卓に取り入れていきたい食材のひとつです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする