自分に合った痩せる方法を知るには

様々なダイエット法が存在しますが、しっかり自分の体質に合っていなければ、効率よく痩せることはできません。

なかなか痩せられない!ということは、もしかしたら、そのダイエット方法が間違っているのかもしれません。

スポンサーリンク

遺伝子レベルに合った痩せ方を

結果が出やすくて痩せられるダイエットと、なかなか成果が表れずに痩せにくいダイエットは、人それぞれ違います。

そもそも、人には約2万数千個もの遺伝子があると考えられています。

遺伝子は、4種類の塩基が繋がって、DNAとなっているのですが、それぞれの配列によって、1人ひとり異なった性質を持っていて、それぞれの肥満傾向があります。

その遺伝子検査をすると、一人ひとり異なった検査結果が出るのです。

私が遺伝子検査ですごいと思ったのは、DNAひとつで、遺伝によって、肥満タイプをはじめとする、自分の体質の細かい結果まで分かるところです。

例えば、その遺伝子によって、効果的なダイエット、病気のリスク、肌の性質などまで分かります。

それを踏まえた上で、今後の運動の仕方、食生活の改善に役立てることができます。

自分の本当の性質

私は、下半身太りに悩まされています。

炭水化物やお菓子が大好きなのですが、遺伝子検査で「洋なし型」とされるタイプは、脂質を控える必要があります。

炭水化物が好きなのにも関わらず、控えるべきなのは、糖質ではなく、「脂質」なのです。

脂っこい食べ物は好きじゃなくても、ケーキ、アイスクリーム、スナック菓子などにも、脂質がたっぷり含まれています。

運動不足による筋肉の衰え、からだの冷え、むくみなども考えられているため、無酸素運動のスクワットや、有酸素運動のウォーキングを行なう必要があります。

人には、それぞれ痩せやすいダイエット法があります。

その他にも、糖質を溜め込みやすい「りんご型」と呼ばれるものや、隠れ肥満傾向にある「バナナ型」と呼ばれる体質が存在します。

まずは、自分の体質を知って、今後の生活に役立てることが大切だと思います。

おすすめの検査方法

遺伝子検査をするには、専用のキットを使えば、自宅で簡単に自分の遺伝子レベルの特性を知ることができます。

その方法としてはとても簡単で、唾液を採取するか、頰の内側にある口腔粘膜をこすって採取するだけです。

あとは、返送して、診断結果は約1ヶ月後に、データとして受け取ることができます。

ちなみに、こんな感じでデータが送られてきます。

国内で唯一、遺伝子解析だけを専門的に行なっている会社ジェネシスヘルスケアの遺伝子検査では、なんと、全部で360項目もの検査結果を知ることができます。

日本一の解析実績を誇っているのも、安心できる理由のひとつです。

この先、一人ひとりの性質は変わるものではないので、一度、遺伝子検査をしておくと、ダイエットや、今後の健康管理にも役立てることができます。

遺伝子検査キット GeneLife Genesis2.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする