ゆるい糖質制限ダイエットのやり方。低炭水化物のロカボ食で痩せる

糖質制限ダイエットを行なうと、簡単に体重が落ちるとも言われています。

糖質は、そもそも脳の活性化や身体を動かすために必要な活動エネルギーです。

しかし、糖質を摂り過ぎてしまうと消費されない分が脂肪として蓄積されていきます。

その糖質を摂らなければ、血糖値も上がらず、ブドウ糖の代わりに脂肪が燃焼されるため痩せやすいとされています。

スポンサーリンク

ライザップの糖質制限

糖質制限で知られているライザップの食事は、糖質を一日あたり50g(茶碗一杯分)までに抑えるという制限があります。

米・小麦粉などの穀類、じゃがいも・さつまいもなどの芋類、ごぼう・にんじん・れんこんなどの根菜類、とうもろこし・かぼちゃ・トマトなどの糖質の高い野菜、りんご・バナナなどの果物、菓子類、酒類、揚げ物類全般、脂質の高いソーセージ、肉類の脂身、油揚げ、マヨネーズ、マーガリン、バター、オイル類全般など、食べたらNGな食材があり、様々な食事制限があります。

炭水化物や甘いものが大好きな私にとって、糖質を全く抜いてしまうのは無理でしかありません。

これは食べて良い・食べてはダメ!と決めつけてしまうと、かえってストレスが溜まってしまいます。

極端なダイエットは体調不良にも繋がってしまいます。

それに、絶対にどこかで無理が生じてしまいそうになります。

例え一時的に我慢できても、反動でドカ食いしてしまっては全く意味がありません。

極端な糖質制限はお勧めできませんが、糖質の量を減らす、低糖質(ロカボ)ダイエットなら毎日継続できそうです。

低糖質(ロカボ)ダイエットは、1日の糖質の量を抑える食事方法です。

糖質130g以内、1食40gまで、間食10gが目安になります。

食品の糖質量一覧(ロカボスタイル)

◆ 糖質の高い炭水化物の目安

食品 糖質量
白米 茶碗小1杯(150g) 55.2g
食パン 6枚切り 1枚(60g) 26.6g
うどん 1玉(250g) 52.0g
そば 1玉(200g) 48.0g
もち 1個(50g) 25.2g
じゃがいも 小1個(100g) 16.3g
さつまいも 中1/2本(100g) 30.3g

特に、ご飯の量は1食あたりで糖質50gも超えてしまいます。

白米100gにすると、168カロリー糖質36.8gに抑えることができます。

普段の食事で、炭水化物は半分の量だけにしておくなど工夫が必要だと言えると思います。

糖質の量を減らした分、野菜やたんぱく質などで補うと良いです。

ご飯の代わりに豆腐を食べるようにするとか、パンを選ぶ時は低糖質のものを選ぶなどの工夫が必要だと言えると思います。

低糖質には、おからや蒟蒻などもお勧めです。

本来、糖質が高いとされている野菜でも、じゃがいもにはビタミンCが含まれていますし、むくみに効くカリウムや食物繊維が含まれています。

カレーや肉じゃが、ポテトサラダ、スープ、ポテトチップスなど、様々な料理に使える、じゃがいも。 じゃがいもは、1年を通して、全国...

ビタミンA(β-カロテン)が含まれている人参は、視力の強化・冷え性にも役立ちます。

β-カロテンの多さは緑黄色野菜の中でもトップクラスを誇る、にんじん。 にんじんの旬は、秋から冬頃に掛けてです。 にんじんに含...

果物も糖質が多いとされていますが、林檎には「一日一個の林檎は医者いらず」という言葉があるように、食物繊維を始めとする様々な栄養が含まれています。

バナナは運動する前に、手取り早くエネルギーを補給するには最適です。

過剰に摂り過ぎなければ、太ることはありません。

低糖質(ロカボ)ダイエットで一日あたりの糖質摂取量を管理すると同時に、一日のたんぱく質、脂質、カロリー摂取量も管理することが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする