ダイエットにも最適な「水菜」の栄養と食べ方

京野菜のひとつである「水菜」。

一見、ただの葉っぱのように思える水菜には、非常に多くの栄養成分がバランス良く詰まっています。

スポンサーリンク

水菜に含まれる栄養

水菜の旬は、冬です。

ビタミンKやモリブデンをはじめとする、ビタミンA、E、C、B群にカルシウム、鉄、カリウムなどのミネラル類が豊富で、食物繊維やたんぱく質も含んでいる、非常にバランスの取れた緑黄色野菜です。

葉緑素には、コレステロール低下作用、解毒作用、ダイオキシン排出作用、抗がん作用などがあることも明らかにされています。

壬生菜(みぶな)とは、水菜から分かれた品種のことで、水菜よりも少しクセがあり、葉は軟らかいため、浅漬けなどにお勧めです。

新鮮な水菜の見分け方

葉にハリがあるものが良いです。

茎が半透明になっているものは鮮度が落ちているため、根元が変色していないものを選びます。

水菜には、水耕栽培のものと露地物があり、水耕栽培は、株の大きさが小さくて味が、薄いです。

一方、露地栽培は、株が大きくて、茎がしっかりとしています。全体に量感があり、風味も強いのが特徴です。

水菜の調理方法

生のままでも、火を軽く通しても食べられます。

サラダに入れると、水菜のシャキシャキ感が楽しめます。

鍋、蒸し料理、パスタなどにも活躍します。

・水菜のサラダ

炒めたじゃこ、トマト、豆腐、海苔、かつお節、など、サラダなので、なにと合わせても美味しいです。

ちなみに、塩で軽く揉んでから食べると、少ししんなりして、口当たりがソフトになります。

・豚肉と水菜

豚肉×水菜は、栄養価が高くて、美味しいため、かなりお勧めです。

両者とも、しゃぶしゃぶ程度にサッと茹でたり、蒸したりして美味しく食べられます。

電子レンジ調理を使えば簡単です。

ポン酢、ドレッシング等を掛けていただきます。

・スープに入れる

味噌汁、野菜スープ、鍋など、なんでも合います。

水菜を調理する際は冷凍保存もできます。

水菜は、低カロリーで非常に多くの栄養素を含んでいるため、ダイエットにも最適です。

鶏のささみと合わせても抜群です!

・ささみと水菜と長ネギの旨辛ナムル

ダイエットにもお勧めの一品!

▽ クックパッドで詳しいレシピを見る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする