ダイエットにも最適!「オートミール」のおいしい食べ方

「オートミール」とは、原料が、オーツ麦(えん麦)と呼ばれるものです。

ローラーでフレーク状にしたもので、保存料、着色料などの添加物を一切加えていないシリアルです。

今回は、ダイエットにも最適な、オートミールの魅力についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

オートミールに含まれる栄養

オートミールには、食物繊維、ビタミンB群、カリウム、鉄分、カルシウム、ナトリウム、亜鉛、銅、マグネシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

オートミールの食物繊維は、なんと白米の約20倍玄米の約3,5倍にも及びます。

そのくらい食物繊維が豊富で、しっかり食べ応えもあるため、普段のご飯の代わりに置き換えるだけでも、ダイエット効果が期待できます。

満腹感が得られるのに、食物繊維のため、消化されずエネルギーにならないことも嬉しいです。

さらに、鉄分は、玄米の約2倍、あさりや納豆と匹敵するくらいの量が含まれています。

カルシウムも、白米に比べると約9倍(玄米の約5倍)と豊富です。

オートミールの美味しい食べ方

オートミールは基本的に、お湯やミルクにふやかして食べるのが一般的です。

その食べ方は、実に様々です。

例えば、

・スープに混ぜる

・好きな味でリゾットにする

・お湯でふやかして、ご飯代わりとして食べる

・ご飯と一緒に炊く

・ミルクと一緒にレンジでチンして、ふやかしてはちみつと一緒に食べる

・シリアルのように、フルーツやナッツと一緒に食べる

・クッキーやスコーンにして焼き上げる

・スムージーに入れる、等々。

このように、普段のお米の代わりに、オートミールに代えてみたり、一緒に混ぜてみたり、食べ方のバリエーションは実に豊富です。

また、カロリーの高くなりがちな焼き菓子ですが、オートミールと一緒に焼き上げることによって、からだに嬉しい、食物繊維も豊富なお菓子になります。

嬉しいグルテンフリー

近年、グルテンフリーの食材が注目を浴びています。

健康のことを考えると、グルテンは控えた方が良いのですが、小麦には、太りやすいグルテンが沢山含まれています。

一方、同じ麦でも、オーツ麦は、健康にも良い、グルテンフリーです。

ただし、アレルギーの方などは、同じ工場で小麦をつかっていることが多く、注意が必要なようです。

最後に

オートミールは、調理法も簡単ですし、すぐ食べられます。

つい、お腹が空いてしまった時、小腹を満たすのにも最適です。

味はついていないので、自分で自由にアレンジすることができます。

甘くしてお菓子代わりでも、和風の味付けをして、ご飯代わりにもなります。

普段の生活では、あまり馴染みがないかもしれませんが、健康に良くて、コスパが良い!面倒な手間なく手軽に使える!という観点から見ると、取り入れるしかない食材と言えそうです。

コスパ重視なら、こちらの種類がお勧めです。


QUAKER OATS クエーカー
オールドファッションオートミール4.52kg

初めて買うなら、まずは少量タイプがお勧めです。

スーパーなどでも売っているため、どんな感じか試しに買ってみるのも良いと思います。


日食オーツ オートミール 500g

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする