親知らずを抜くことは必要? そこまで痛くない抜歯の体験談

大人になると、いちばん奥の歯に新たに生えてくる「親知らず」。

上下すべてで4本、10代後半から20代前半に掛けて生えてくるともいわれています。

「抜いた方が良い」とか、「痛い」といったことをよく耳にする機会は多いかもしれませんが、実際に私が親知らずを抜きたい!と思ってから、抜歯したあとまでの経験談について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

親知らずを抜くことの必要性

結論から言うと、歯並びが綺麗であれば、特別、健康な歯を抜く必要はありません。

ただ、奥歯なので、どうしても見えにくく、磨きにくいという問題があるのは事実です。

また、真っ直ぐ生えてきていれば、なんの問題もないのですが、斜めに生えてきてしまっているため、健康な歯を押し上げてきていること、歯並びを悪くしてしまうケースがあること、歯と歯の重なった部分から虫歯が進行する恐れがあること。

また、親知らずが歯茎に埋まってしまっているケースもあります。

こうした場合、様々なリスクが考えられます。

特に女性の場合は、妊娠、出産のことを考えると、気軽に抜歯ができないため、トラブルが発生してしまう前に、親知らずを抜歯をしておく方が、個人的には良いと思っています。

私は、約30年間、虫歯がないのが自慢でもありました。 これまで、歯医者での治療や、虫歯とは無縁の生活を送っていたのですが、なん...

どんな感じ?初めて抜歯するまで

まずは歯医者へ行き、歯の状況を診て貰って、レントゲンを撮ります。

「歯が斜めに生えている」

そう聞くことはあっても、実際にレントゲンを撮って貰ったあと、自分の歯が本当にこうなっていた時の衝撃は大きいです。

(※参考画像です。お借りしました)

歯の生え方や、他の歯との噛み合わせにより、医師と相談して、本当に抜くかどうかの判断をします。

私の場合、斜めに生えていたのと、少しでも早いうちにリスクを取り除いておきたかったため、すべての親知らずを抜歯することにしました。

大体は1回の施術につき、1本ずつ抜歯していきます。

ちなみに、この時レントゲンによって、他の歯に虫歯が出来てしまっている場合の、早期発見にもつながります。

そして、いよいよ施術に入っていきます。

まずは、麻酔をして、効き始めるまでしばらく待ちます。

この時、当然ながら、チクっとした痛みはあります。

数分後、ついに抜歯をしていくのですが、1度で困難な場合、何回かに分けて、徐々に歯を削っていきます。

体感として、自分の歯がメキメキいってるのを感じますが、麻酔をしているため、痛みは感じません。

そして、最終的に綺麗に抜歯をします。

その後、止血、消毒をします。

痛みに関して

よく言われているのは、上の歯よりも、下の歯を抜く時の方が痛いということです。

私はすべての親知らずを抜歯しましたが、確かに下の歯の方が、上の歯よりも多少、痛いです。

私の場合は、そこまで痛みを感じずに済みましたが、痛みに個人差があるのは事実です。

人によっては、腫れてしまう可能性もあるため、注意は必要です。

抜いたあとのケアについて

麻酔が効いているため、感覚が麻痺しています。

くれぐれも食事を摂る際は、注意が必要です。

また、抜歯をした箇所に食べ物が詰まるおそれがありますが、軽くうがいをすることによって取り除いていきます。

ただ、説明があるとは思いますが、必要以上に、うがいをし過ぎてしまうことにより「ドライソケット」になってしまう可能性があります。

抜歯した穴が血液で覆われず、傷口がむき出しになってしまう状態のことです。

これは、治療後の痛みの原因となってしまうため、注意が必要です。

抜歯直後、抜いた穴の部分には血が溜まっていますが、これは徐々に治っていきます。

抜歯したあとを鏡で見てみると、血餅(けっぺい)といって、やがて固まり、白くなっているというような特徴が見られます。
これは、かさぶたのような役割で、正常に快復に向かっている証拠です。

また、歯茎に埋もれてしまっている親知らずの場合、切開をしたあとに縫う必要があるため、場合によって抜糸をして貰う必要もあります。

それでも親知らずを抜かない理由

親知らずは生えてこない人もいると聞きますし、いちばん奥の4ヶ所に生えてくる「親知らずを抜く」という行為があること自体、日常生活において、特になくても困らない、言い方を変えれば、必要のない歯だということは明らかだと思います。

ただ、どうしても、歯を抜くのは痛くて怖いという思いが先行するため、ためらってしまうのも事実です。

ただし、噛み合わせが悪くなってしまったり、磨き残しによる虫歯や歯周病が発生するなど、様々なトラブルが起こってしまう可能性が考えられます。

また、親知らずを抜くことによって、劇的に変わる訳ではありませんが、小顔効果も期待できます。
少しでも小顔になれると、嬉しいに越したことはありません。

最後に

信頼のおける歯科医を探しておくことも重要だと言えます。

一度、訪れただけでは歯科医の善し悪しを判断することも難しいため、セカンドオピニオンを利用することも、視野に入れておいた方が良いかもしれません。

また、事前に口コミでチェックすることも可能です。

全国の歯科の口コミをチェック

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする