緑黄色野菜「ピーマン」の栄養、効果的な食べ方

苦みがあって、好き嫌いが分かれやすい「ピーマン」。

緑黄色野菜のひとつで、夏が旬のピーマンには、様々な栄養素が含まれています。

比較的、安く手に入れやすく、お弁当などにも活躍してくれる、ピーマンの効能について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ピーマンに含まれる栄養

ピーマンは、ビタミンCが豊富に含まれています。

その含有量は、レモンの2倍、トマトの約5倍はあるともいわれています。

ビタミンCは、メラニン色素の沈着を防ぐはたらきがあるため、シミそばかすの予防にも役立ちます。

その他にも、ビタミンAに変わるβ-カロテン、ビタミンE、ビタミンKなどの栄養成分も含まれています。

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で、「アスコルビン酸」とも言われており、美肌を保ち、皮膚や腱けん、軟骨などの結合組織を構成するコラーゲンを...

ピーマンの効果的な食べ方

ピーマンを切る際は、輪切りにするよりも、繊維に沿って切ると栄養を逃しにくいです。

また、縦に切ることによって、苦みや青臭さを和らげることもできます。

ピーマンの種やワタの部分には、ピラジンという、血行を促進し、血液をサラサラにする成分やミネラルが含まれているため、捨てずに使うことによって、美肌効果も期待できます。

肉詰めにして、ワタや種ごと食べるのが栄養面的にはお勧めです。

ピーマンは肉類の料理と相性が良いです。

他にも、牛肉と一緒に炒めて、チンジャオロース(青椒肉絲)にしたり、ウインナーと一緒に炒めたりしても美味しいです。

また、ピーマンのきんぴらとして、ごま油で炒めて、和風しょうゆ、かつお節、じゃこなどと一緒に合わせることによって、副菜としても役立ちます。

ピーマンのビタミンCは、加熱調理に強いため、油と一緒に炒めることによって、β-カロテンの吸収率もアップします。

ピーマンとパプリカの違い

ピーマンの緑は、未完熟の状態で収穫したもので、完熟することによって色が変わります。

赤や黄色といったパプリカと呼ばれるものと形が似ていますが、ピーマンと比べて、パプリカは肉厚です。

パプリカはカラーピーマンの一種にあたります。

赤、黄色、オレンジなど、完熟するまで、何色になるかは分かりませんが、購入したピーマンをしばらく放っておくと、色が変化してきます。

完熟することによって、甘みが増して、食べやすくなり、ビタミンCやカロテンの量も倍増します。

ピーマンにも栄養は豊富に含まれていますが、パプリカには、さらに嬉しい栄養成分がたっぷり含まれています。

切って冷凍保存しておくことで、いつでもすぐに使うことができます。

ピーマン、パプリカともに、料理の彩りに取り入れるには最適な野菜だと思います。

ピーマンと形がよく似た、「パプリカ」。 赤や黄色など、スーパーで目にする機会も多いですが、果たして、この色に違いはあるのか? ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする