見習いたい、痩せている人の食習慣

どんなに食べても太らない人っていると思います。

痩せている人が「もっと太りたい!」と言っているのを聞くと、非常に羨ましくもあるのですが、元々、食が細いとか、食べることに対してそもそも関心がないという人もいます。

私は食べることが大好きなので、そういう思考とは無縁なのですが、

その反面、よく食べるのにも関わらず、全然太らずに、健康的に痩せている人も沢山います。

その違いは、食べた分だけ、きちんと消費されているかどうかだと思います。

食べたあとの余分なエネルギーは体内へと蓄積され、それが脂肪となり、落ちにくくなってしまいます。

体質の問題もありますが、仕事でも、家事でも、日頃の運動や、頭を使う勉強など日中の活動で消費していたり、便として体外へと排泄されることによって太る心配がないのです。

特に年齢を重ねるにつれ、30代以降は基礎代謝が落ちるため、体内に脂肪を蓄積してしまいがちです。

今まで、若い頃は大丈夫だったことも、年を取るごとに、きちんと考えていかなければならない部分はあります。

スポンサーリンク

朝食は必ず摂る

大前提として、夜よりも、朝の食事に重きを置きます。

朝食は、1日のエネルギーの源にもなりますし、なにより消費されやすいです。

まずは、生活習慣を見直すことによって、心身ともに健康状態が保てるのは間違いないです。

夜の食事は体内に蓄積されやすいため、痩せている人は、夜の食事の量を減らし、朝から夕食並みのボリュームの食事をがっつりとる人もいます。

朝は食欲が湧かないというのであれば、バナナ1本や、ヨーグルトなど、自分が食べやすいものを選んで口にするだけでも、脳のはたらきは活性化します。

1日のサイクルの中で、決まった時間に食事を摂ることは大事ですが、その一方で、気分や体調に合わせて調整していくことも大切です。

自分の体調に合わせること

痩せている人の食生活の特徴として、「お腹が空いていないから今は食べない」とか「お腹が空いたから食べる」といった感情に忠実に従っている気がします。

「時間になったから」とか、「ルールだから」とか「人付き合いだから」などといった理由で、お腹が空いていない時に、食べたくもない食事を口にしてしまうのは、後々、太る原因にもなってきてしまいます。

それから、
満腹になった!というよりは、ちょうど良いと感じる「腹8分目」までで切り上げる人が多い傾向にあると思います。

もったいないから、といった理由で、無理して限界まで食べてしまうと、必要以上に気持ち悪くなってしまう恐れもあります。

また、食事を食べ過ぎることによって、集中力の低下にもつながってしまいます。

なにを食べるか見極める

その一方で、いくら食べても、食べることがやめられない、すぐにお腹が空いてしまう。

そんな時は、食べ物の「質」にこだわることも非常に大事です。

糖分の高いお菓子をご飯の代わりに食べるなんてもってのほかで、だったら、食物繊維も含まれている炭水化物を食べている方が、まだ良いです。

栄養バランスの取れた食事に重きを置くことこそが、なによりも大事です。

特に、甘いものを食べてしまった場合、もっと食べたくなってしまう中毒性があります。

これらは、ご飯の量を減らしてまで、食べるものでないというのは明らかです。

*

痩せている人の食習慣

比較的、痩せている、健康的な人は、すぐお腹がいっぱいになり、消化が早い傾向にあると思います。

そのため、1回の食事の量は少しずつ食べる、食事をする際も時間を掛けてゆっくりと食べている。

綺麗な体型を維持している人が自然とやっていることです。

もし、思い当たる節があるならば、この機会に見直してみる必要があるかもしれません。

食べるという幸福

お腹が空くということは決して悪いことではないです。

ただ、ある程度の時間を適切に守ることは大切です。

いくらお腹が空いたからといって、深夜に糖分の高いチョコレートやカップラーメンを日常的に摂取していたら、太るだけでなく、様々な弊害として、健康にまで被害を及ぼしてしまいます。

適度の空腹感はからだにとっても良い影響をもたらします。

なにより、空腹の時に食べる食事こそ、美味しいものです。

食べることは生きることでもあります。

1日中、寝ていたり、動かないでいたり、どんなに悲しいことがあってもお腹は空きます。

どうせ食べるなら、美味しく、健康的で幸せを感じながら食事をしたい限りです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする