ビタミン豊富な「苺(いちご)」の栄養、効果的な食べ方

スイーツなどにも使われていることの多い「いちご」。

いちごの旬は春ですが、クリスマスは、いちごののったショートケーキが定番です。

また、ホテルのビュッフェなどでストロベリーフェアが開催されている時期から考えると、特に需要が高いのは、冬の時期で、ハウス栽培が盛んになっています。

スポンサーリンク

いちごに含まれる栄養

いちごには、ビタミンCや、カリウムが豊富に含まれています。

特にビタミンCは、約7粒食べるだけで、1日に必要な量を補うことができます。

ビタミンCは、風邪予防や美肌効果も期待できます。

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で、「アスコルビン酸」とも言われており、美肌を保ち、皮膚や腱けん、軟骨などの結合組織を構成するコラーゲンを...

水溶性食物繊維の一種であるペクチンのほか、虫歯予防に役立つとされるキシリトール、抗酸化作用を発揮するフラボノイドなども含まれています。

いちごには、血を作るビタミンといわれている葉酸も豊富に含まれているため、貧血予防にも効果的です。

いちごの美味しい食べ方

いちごは栽培が難しいため、農薬を使われていることが多いです。

よく洗ってから食べることが大切ですが、ビタミンCは水溶性のため、洗う際にヘタ部分を取ってしまうと、ビタミンが流れ出てしまいます。

そのため、洗ってからヘタを取る方が良いとされています。

いちごは、先端の方が甘みが強いです。

お尻の方から食べると、美味しさを感じやすいという側面もあります。

アントシアニンなどのポリフェノール成分は、脂質と一緒に摂ることによって、吸収率が2~3割ほどアップします。

牛乳、ヨーグルト、練乳などの乳製品を掛けて食べると、栄養面的にも良く、腹の持ちも良くなります。

特に、いちごに練乳を掛けるなんて、堪らなく美味しいです。

いちごの種類

いちごと言っても、実に、様々な品種が改良されています。

関東のいちごと言えば、「とちおとめ」が主流ですが、関西では、「さがほのか」や「さちのか」、「あまおう」などが主流になっていることが多いです。

糖度が高く、甘さを感じるのは、スカイベリー、章姫(あきひめ)、さがほのか、あかねっ娘(ももいちご)、ひのしずく、もういっこ、淡雪、かおり野、まりひめなどが挙げられます。

糖度と酸味のバランスが良いのは、とちおとめ、女峰、とよのか、さちのか、アイベリー、あすかルビー、さぬきひめ、濃姫(のうひめ)などです。

糖度、酸度ともに高く、濃い味わいを感じることができるのが、あまおう、紅ほっぺ、古都華(ことか)、あまおとめ、いばらキッス、おいCベリーなどです。

淡雪などの「白いちご」は、一度は食べてみたい、いちごです。

【楽天市場】白いちご

最後に

いちごに含まれるビタミンCは水溶性ビタミンのため、いちご狩りなどの食べ放題で食べ過ぎても、過剰摂取になる心配がありません。

糖質も低いため、ダイエット中にも嬉しいです。

あー、なんだか苺狩りに行きたくなってきた(独り言)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする