大好きな甘いお菓子がやめられない時の対処法

お腹が空いた……。

そんな時、ついつい手を伸ばしてしまうのは、お菓子です。

食べることが大好きな私にとって、間食、お菓子の存在は欠かせないと言っても過言ではありません。

スポンサーリンク

お菓子の誘惑

お菓子は本来、人間の体にとって、不必要なものでもあります。

砂糖たっぷり、得体の知れない添加物……。

こういったものばかりを食べていると、事実、太りやすくなったり、痩せにくいからだになってしまいます。

しかし、食べることが大好きな私にとって、食べることを我慢するというのは、冗談抜きで無理でしかありません。

しかもお菓子ばかり食べていると、満腹感が得られないため、どんどん食べたくなってしまうため、歯止めがきかなくなり、悪循環に陥ります。

食べる順番を考える

いちばん良いのは、間食をなくすことですが、どうしても空腹に耐えられない時はあると思います。

どうしてもカロリーの高いスイーツやパンを食べたいのであれば、単品で食べるのではなく、直前に野菜ジュースを飲んでから食べるとか、豆乳と一緒に摂るなどの工夫が必要です。

血糖値が上昇するのを抑えるはたらきと、少しはお腹が満たされるといった効果があります。

食べる質を変える対策

おやつの代わりに林檎を食べる、ヨーグルトチーズなどの乳製品を食べる、小魚ナッツ類を食べるなど、間食の質にこだわることも大切です。

市販のお菓子を食べるくらいなら、食物繊維も含まれている、さつまいもや、おにぎりなどを選ぶ方が、まだ良いです。

間食の時間を考える

1日の中で、最も太りにくい時間帯は、午後3~6時の間とされています。

「3時のおやつ」は理にかなっているのです。

どうしてもお菓子を食べたい場合は、この時間を狙って食べると太りにくいとされています。

反対に、夜、寝る前にお菓子を食べてしまうと、当たり前ですが、体内に脂肪を蓄えてしまうことになってしまいます。

夜中に食べるラーメンほど美味しいのですが、過剰は塩分は、むくみにも繋がってしまいます。

健康上のことを考えると、夜の時間帯に食べるべきではありません。

甘いものを絶つには

甘いものを欲している時は、たんぱく質が不足していることが考えられます。

そんな時は、ゆで卵、大豆製品、ささみなど、良質なたんぱく質をお腹の中に入れてみてください。

お菓子だけで食べるのとは違って、少しはお腹が満たされるため、満腹感が得られます。

チョコレートが無償に食べたい時

疲労が溜まっている時や、気持ちが不安定な時に、衝動的に食べたくなります。

特に、月経前は食欲が旺盛になりがちです。

チョコレートが無償に食べたい時、マグネシウムが不足している可能性があります。

マグネシウムを補うためには、ナッツや昆布、ほうれんそう、ごまなどを積極的に摂るようにすると良いです。

ミネラルの1種である「マグネシウム」。 マグネシウムは300種類以上もの酵素の働きを助けるミネラルです。 体内のミネラル...

チョコレートも少量なら問題ないのですが、やはり糖分が多いため、食べ過ぎは禁物です。

ついつい食べ過ぎてしまうと、ニキビの原因にもなります。

チョコレートを選ぶ時は、カカオ成分70%以上のものがお勧めです。

【楽天】訳ありチョコレート送料無料

また、脂肪と糖の吸収を抑えるはたらきのある、難消化性デキストリンが含んでいるチョコレートもあります。


リベラ LIBERA <ミルク>

油っこいものが食べたい時

無償に、フライドポテトや高カロリーなジャンクフードが食べたいときはカリウム不足かもしれません。

むくみを改善したい。 塩分を摂り過ぎてしまった時、余分な成分を促すはたらきのある「カリウム」の摂取が有効的です。 カリウムと...

特に、冬場は蓄えるために、食欲が旺盛になったり、気候のせいで、うつ状態になりやすいとも言われています。

そんな時は、セルトニンというホルモンを体内でつくり出すことも有効的です。

「セロトニン」が大事だとよく耳にすることはありますが、一体、どういった物質なのか? そのセロトニンのはたらきについて、見ていき...

最後に

私は食べることが大好きなので、どうしても、好きなものを食べることは我慢したくありません。

その分、食べる時間帯や、食べる順番を考えることによって、バランスを取っています。

糖質制限ダイエットなどで、食べられるものを制限されていて、好きなものを食べるな!と言われると、どうしても、無理!となってしまいます。

甘い食べ物も、少量なら問題ありません。

我慢しすぎると逆にストレスになってしまうため、心の栄養のためにも、適度に取り入れる必要はあると思っています。

甘いものを欲しなくなることが一番なのですが、そもそもお菓子を食べることが好きなので、なかなか簡単に変えるのが難しい部分もあります。

普段の食事に、大人のカロリミットを合わせて利用すれば、負担も少し減ります。

くれぐれも、ストレスは溜めずに食生活を送ることこそが大事だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする