「糖尿病」になってしまったら?無料で受けられる対処法がある

生活習慣病とも呼ばれる「糖尿病」。

普段の生活習慣の乱れによって、誰もがなる可能性のある病気の概要について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が多くなる病気です。

この血液中のブドウ糖の割合を血糖値と呼びます。

健康なひとは、食事をすると一時的に血液中のブドウ糖が増えますが、すい臓から出ている「インスリン」というホルモンによってブドウ糖を体内に取り込み、体内に蓄え、エネルギー源として使うことができる状態にしてくれます。

インスリンのはたらきによって、血糖値は一定の範囲内におさまっています。

ところが糖尿病患者の場合、このインスリンが少なくなったり、効きが悪くなったりして、ブドウ糖をうまく血液中から体内に取り込めなくなってしまいます。

そして高血糖状態が長く続くと、様々な糖尿病合併症を引き起こしてしまいます。

いずれのタイプでも患者さんのすい臓は、自分でインスリンを出す力がなくなってしまいます。

そのため、治療にはインスリン療法が必要です。

糖尿病の主要な種類

正確には、糖尿病には4種類があり、1型糖尿病、 2型糖尿病、その他の特定の原因疾患による糖尿病、妊娠糖尿病が挙げられます。

このうち、日本の糖尿病患者の約90%が2型糖尿病とされています。

1型糖尿病

すい臓にある、β細胞が壊れてしまい、まったくインスリンが分泌されなくなってしまう症状です。

インスリンを体外から補給しないと生命に関わるため、インスリン注射を欠かしてはなりません。

子どもや若年者、体型が痩せている人に多い傾向にあります。

2型糖尿病

インスリンの分泌が少なくなったり、はたらきが悪くなるために起こります。

おもに中高年以降にみられますが、若年者の発症も増加しています。

遺伝的な体質に、高脂肪食な過食、運動不足、ストレスなどの生活習慣や、加齢といった要因が加わり発症するとされています。

比較的、体型が太っている人に多い傾向があります。

2型糖尿病の原因は、遺伝的要因環境的要因があります。

環境的要因は、食べ過ぎ、運動不足、ストレス、といった生活習慣が積み重なり、糖尿病になると考えられています。

2型糖尿病の場合、生活習慣も重要な要素であることから、「生活習慣病」と呼ばれています。

治療には、食事療法、運動療法を基本としていますが、それでも改善できない場合はさらに薬物療法を行ないます。

2型糖尿病でも、すい臓のインスリンを出す能力が非常に低かったり、長期間血糖値が高い状態を放っておいたひと、糖尿病の期間が長いひとは、インスリン療法が必要になってきます。

糖尿病の症状

・食欲が異常にある
・食べても痩せる、急に体重が減ってきた
・よく喉が渇き、水を大量に飲み、トイレに行く回数も増える
・身体がだるく、疲れやすい
・目がかすむ、視力が落ちる
・手足が痺れたり、冷えが酷い
・足がむくむ、重いと感じる

1型糖尿病では、尿が増える、のどが渇くといった症状が急に起こるのに対し、2型糖尿病では、初期の糖尿病は自覚症状がほとんどありません。

しかし先述した通り、糖尿病患者の90%は2型糖尿病に当てはまります。

そのため、自覚症状が出たときには、すでに合併症が進んでいることも少なくありません。

放置すればするほど、治療が難しくなる病気です。

合併症による症状

糖尿病をそのまま放っておくと、合併症を引き起こします。

糖尿病は、血液中の血糖値が高い状態にあるため、体内の血管に様々な障害を与え、全身の臓器にまで影響を及ぼしてしまいます。

特に毛細血管は、細い血管のため、抹消神経の障害により、糖尿病神経障害になると、手足を切断しなければならなくなります。

目の血管が詰まり、糖尿病網膜症になると、失明してしまいます。

肝臓機能の低下により、糖尿病腎症となり、尿毒症(意識喪失、胃腸障害)を引き起こしてしまうため、日常的に病院通い、場合によっては移植手術が必要になるため、私生活や仕事に影響してしまうほどの時間を拘束されてしまいます。

また、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症など直接命にかかわる病気を引き起こすこともあります。

これらは、約5~10年くらいで出現すると考えられています。

生活習慣病とも呼ばれている糖尿病は、様々な障害を引き起こしてしまう原因にもなってしまいます。

糖尿病と診断するための検査

糖尿病の診断には、血液検査が必要です。

定期的に健康診断を受ける、献血を受けるなどすれば、早期発見にも役立ちます。

インスリンは、生きていくために必要不可欠なホルモンです。

糖尿病(生活習慣病)は、完全に治るというよりは、食事療法、運動療法、薬物療法を行なうことにより、健康な人と変わりなく生活を送ることができるようになるとされています。

そのためにも、炭水化物、たんぱく質、脂質の3大栄養素をバランス良くとり、ビタミンやミネラルなども欠かさずに摂ることが糖尿病では大切な治療になります。

また、インスリンが効きやすい体質になるためには、有酸素運動が効果的とされています。

ウォーキング、自転車、水泳、ジョギング、ラジオ体操などがこれに当たります。

糖尿病になってしまったら

2型糖尿病の方を対象とした治験が行われています。

治験を受けることのメリットとして、通常、4000円程度の費用がかかる人間ドックレベルの約50項目の臨床検査項目が無料で受けることができます。

こうした治療に必要な費用が掛からないことは大きなメリットにもなると思います。

私も実際に治験を受けたことはありますが、事前に、病院側からきちんと説明を受けられるので、安心して臨むことができます。

糖尿病の治験を見てみる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする