美肌効果に欠かせない!「ビタミンC」のはたらき

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で、「アスコルビン酸」とも言われており、美肌を保ち、皮膚や腱けん、軟骨などの結合組織を構成するコラーゲンを増やすために欠かせない栄養成分のひとつです。

スポンサーリンク

ビタミンCの効果

■ アンチエイジング効果

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、細胞の老化、紫外線やストレスによる酸化を防いで、肌荒れを予防してくれるはたらきがあります。

また、皮膚や粘膜、骨の健康維持にも役立ちます。

■ 免疫力をアップさせる

風邪をひいた時には、ビタミンCを摂るといいと言われています。

これは、ビタミンCに免疫力を高めるはたらきがあるためです。

また、血管を強化したり、鉄分の吸収を促進するはたらきがあります。

その他、コレステロールの低下、がん、動脈硬化や心疾患を予防する効果があります。

■ 抗ストレス効果

ビタミンCは、抗ストレスホルモンの合成をサポートするはたらきを持ちます。

そのため、ビタミンCが不足すると、ストレスを感じやすくなるということがあります。

ビタミンCを多く含む食材

主にフルーツ、野菜に多く含まれています。

ビタミンC=レモンというイメージが強いですが、レモンよりも、グレープフルーツ、 オレンジ、 柚子などの柑橘類や、カムカム、柿、アセロラ、苺、キウイフルーツなどにビタミンCが非常に多く含まれています。

ビタミンCは、ジュースからでも摂ることができます。

レモンは、1個あたりビタミンCの含有量は20mgとされています。

また、ピーマン、パプリカ、パセリ、トマト、ブロッコリー、ほうれん草、キャベツ、いも類などの野菜にもビタミンCは豊富です。

ビタミンCを多く含む食材

食品 1食あたりの目安量 含有量(mg)
野菜 菜の花 1/2束(100g) 130
赤ピーマン 大1/2個(75g) 115
なばな(洋種) 1/2束(100g) 110
芽キャベツ 5個(40g) 64
ブロッコリー 1/2株(50g) 60
果物 1個(200g) 127
ネーブルオレンジ 1個(200g) 78
はっさく 1個(250g) 65
100g 62
キウイフルーツ 1個(100g) 59

ビタミンCの摂取目安量

厚生労働省による1日あたりの推奨量(2020年版)は、成人の場合100mgとされています。

ビタミンCが不足すると、血管がもろくなり、出血を起こす壊血病などになる恐れがありますが、バランスの良い食事を心がけていれば、ビタミンCが不足する心配はありません。

また、ビタミンCは、基本的に過剰摂取しても吸収率が低下し、残りは尿から出てしまうため有害な過剰症はないとされています。

効率よくビタミンCを摂取するには

ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いため、できるだけ新鮮な生の状態で食べるのが良いです。

ただし、いも類はビタミンCがでんぷんにより保護されているため、調理後にもほとんど分解されずに残ります。

くれぐれも、ビタミンCが含まれる食材は、洗い過ぎ、茹で過ぎ、水のさらし過ぎに注意が必要です。

より美肌効果を高めたいなら

美肌効果を期待するなら、食べ物や飲み物から摂取する内側からとともに、直接、肌にはたらきかける、外側からのスキンケアも効果があります。

紫外線を浴び過ぎてしまった時のケアや、シミを防ぐはたらきも持っている、ビタミンC。

ドラッグストアでも販売されていて、リーズナブルな価格なのも嬉しい「メラノCC」がお勧めです。


薬用美容液 メラノCC
普段のお手入れの際、化粧水のあと、プラス美容液として使い続けることで効果があります。

メラニンの生成を抑え、ニキビ跡にも効果があります。

さらに高い効果を期待するなら、医薬品である「ホワイピュア」の服用も有効的です。

ホワイピュア
内側から美白にはたらきかけてくれる成分として、ビタミンCの他に、L-システインといって、シミ、そばかすの原因となるメラニンの過剰な生成を抑制したり、肌に沈着してしまった黒色メラニンを無色化してくれる成分も含んでいます。

また、肌の代謝に有効的なビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどの成分も含まれています。

シミ対策だけでなく、今あるシミにも有効的にはたらきかけてくれるのが嬉しいです。

ちなみに、ドラッグストアでは販売されていないため、上記から購入することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする