女性に嬉しい!「ビタミンE」のはたらき

ビタミンEは「トコフェロール」とも呼ばれており、脂溶性ビタミンのひとつです。

女性にとって、嬉しい美容健康成分がたっぷり含まれています。

果たして、どんな効果があるのか?見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ビタミンEの効果

・生活習慣病の予防

高い抗酸化作用により、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化、心臓病などの生活習慣病を予防することが期待されています。

・女性ホルモンに嬉しいはたらき

ビタミンEは副腎や卵巣に蓄えられ、女性ホルモンの分泌を調整して生殖機能を維持するはたらきがあります。

また医薬品として、PMS(月経前症候群)や生理痛、生理不順などを改善する効果も認められています。

・冷え症、肩凝りの緩和

ビタミンEには、血行を良くし、冷えや肩凝り、頭痛などの血行不良が原因となる症状を緩和するはたらきがあります。

また、血流がよくなることで細胞の新陳代謝が活発になるため、肌にとっても良い効果が期待できるビタミンのひとつです。

ビタミンEを多く含む食材

ナッツ類の中でも、アーモンドは、特にビタミンEが豊富に含まれています。

ナッツ類の中でも、アーモンドは、特にビタミンEが豊富に含まれています。 美肌効果、アンチエイジングに役立つ抗酸化作用が高く、美容や健康...

植物油だと、ひまわり油、小麦胚芽油、ベニバナ油、トウモロコシ油、大豆油にもビタミンEが含まれています。

うなぎ、たらこをはじめとした魚介類、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリ、かぼちゃなどの緑色野菜、アボカドなどにも多く含まれています。

ビタミンEの摂取目安量

厚生労働省による1日のビタミンEの推奨摂取量は、成人男性の場合6.5mg、成人女性の場合6.0mgとされています。

ビタミンEは不足すると細胞膜の脂質が酸化され損傷されることから、ごくまれに感覚障害や神経症状がみられることがあります。

一方、過剰摂取には注意が必要ですが、通常、食物からビタミンEを摂取することによる危険や害はありません。

効率良くビタミンEを摂取するには

ビタミンC、ビタミンAと一緒に摂ることで、より高い効果を発揮します。

特に、調理法として、緑黄色野菜を植物油で炒めることによって、それぞれの豊富な栄養素を引き出せます。

美白効果も高めたいのであれば、ビタミンCと一緒に摂ることによって、高い効果が期待できます。

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で、「アスコルビン酸」とも言われており、美肌を保ち、皮膚や腱けん、軟骨などの結合組織を構成するコラーゲンを...

最後に

なにかと嬉しい成分が沢山詰まっている、ビタミンE。

また、年齢とともに気になる、更年期障害の改善にも役立ちます。

食べ物で、内側から綺麗になるために、女性は積極的に摂っていきたいビタミンのひとつです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする